一軒家 購入ガイド|新築・中古一軒家の物件情報

新築一軒家を購入するときに

一軒家購入ガイド06

新築一軒家を購入するときに、是非よく調べて納得いくまで考えてほしいことは、自分達にとって住み心地のいい家になるかどうかということです。

造る側としては、自社の得意分野であるところ(性能評価がすべての項目でトップだとか、基準以上の省エネを満たしたデータであるとか)を主にいい家だとしてアピールしています

これらのアピールをみていくと、どれも魅力的に感じますし、優れているというデータを見せられると納得しがちですが、こういうことだけで判断せずに自分にとって、また建築場所にとってどうなのかをよくよく考えてみていただきたいのです。

営業マンも大抵は売りとしていることを多くアピールしますし、デメリット的なことはほとんど話しません。

でも、どの会社のどんな家でもいいところがあれば、逆に弱いところやデメッリット的なところがあると思うのです。

せっかく新築ならデメリット的なことも考えて受け入れられた状態で、契約したいものです。

例えば、鉄筋は木造より地震に強いですが、木造のように水分を吸放出することができません。

地震のことを優先するならば鉄筋でしょうが、体にいいとなると木造になるのではないでしょうか。

日本は四季があり、他の国より雨の量が比較的多い国ですので、湿気やカビ、冬の暖かさを主に考えると木造が適していると思われます。

このように家を造る素材ひとつで、変わってこてしまうことが沢山ありますので、面倒くさがらずに調べてみることをおススメします。

>>> 一軒家の物件情報はこちら

新築一軒家を購入するときにA

一軒家購入ガイド03

新築の一軒家購入を考えだしたときに知っていただきたいのが、家の構造についてです。

家には木造と鉄筋とコンクリートがあります。

一般的には木造住宅が多いですが、地震に強いというのを売りに鉄筋やコンクリートの家も見かけます。

木造住宅には軸組工法とツーバイフォー、木質パネル工法があります。

いわゆる昔から日本の大工さんがやってきたのは土台の上に柱1本1本を立てていく軸組工法です。

軸組工法は梅雨と秋の長雨にも耐えられるよう考えだされた昔も人の知恵だそうです。

そして、工事中に雨になっても大丈夫なように屋根から造ります。

これに対し、今は工期が早いツーバイフォーも多くありますが、事前に壁や床を造ったものを現場で組み上げるだけなので、床、壁、屋根といった順番で造られます。

また、どちらかというと湿気に弱く、乾燥した状態でないと十分な強度が発揮できないようです。

木質パネル工法も基本的にはパネルを組み合わせていくのでツーバイフォーと似ているようです。

こうして家の構造にも様々な違いがありますので、よく知った上で一軒家を購入するといいと思いますよ。

>>> 一軒家の物件情報はこちら

新築一軒家を購入するときにB

一軒家購入ガイド05

新築一軒家を購入するときに確認すべきところとして、家の空気循環も1つにあげられるのではないでしょうか。

どんなに気に入った間取りでも、空気の循環が悪くては健康に良くないうえ、病気にだってなってしまうかもしれません。

場合によっては、規定に合った換気システムが必要でしょう。

1部屋に1つの換気システムがあることも多いです。

換気システムを有効に利用するために、一定期間内でのフィルター交換も必要となってきます。

普段あまり感じることの少ない空気循環ですが、体の具合が悪くなってからでは遅いのです。 なるべく天井までの高さが高くて、空気循環の良い間取りを選ぶことがいいと思います。

空気循環の良い家は夏は涼しく、冬は暖かくすごせるひとつの工夫でもあるように思います。

モデルハウスなどへ実際に見に行くと、目先のことにとらわれがちですが、空気循環のことも頭の隅に入れておくといいでしょう。


一軒家 購入ガイド TOPへ

一軒家 購入ガイド MENU

住宅ローンについて

新築物件と中古物件

新築一軒家の購入

一軒家購入ガイド その他