住宅ローン金利 | 一軒家 購入ガイド|新築・中古一軒家の物件情報

住宅ローン金利@

一軒家購入ガイド05

住宅ローンは大きく分けて3つのタイプに分けられます。

1つは「変動金利型」といって基準金利が毎年4月と10月の2回見直され、新しい融資金利が見直し時の基準金利をもとに変更されるものです。

金利の見直しと新しい金利の適用時期は金融機関によって異なるので、確認してください。

そして、変動金利型の場合は初めから約5年間は返済額は変更されないことになっています。

これは、返済額が変わらないために、金利が見直されると利息と元金の内訳が変わるということになります。

結果、金利が上がると返済額に占める利息の割合が増えて、元金は減りません。

また、反対に金利が下がれば、返済額に占める利息の割合が減るので、元金が減ることになります。

さらに、金利がどんなに上がっていても変更前の毎回の返済額の1.25倍までしか返済額を変えることが出来ないことに決まっています。

「変動金利型」は一般的に金利が低いのが魅力ですが、金利が急激に上がると利息が返済額を上回ってしまうことも考えられますので、金利の動きに注意が必要です。

>>> 金利 年1.00%〜の住宅ローン【詳細はこちら】

住宅ローン金利A

一軒家購入ガイド02

住宅ローンの金利の2つめは「一定期間固定型金利」というものです。

これは一定期間の特約を結ぶことで、特約期間の金利を固定にすることができるというものです。

特約期間や特約期間中の金利と期間は金融機関によって違いますし、2年、3年、5年、10年、20年など様々です。

自分の今後のライフプランを見ながら、同時に金利情勢を見ながら特約期間と金利を選択できるメリットがあります。

どの金融機関も変動金利より一定期間固定金利のほうが高い金利設定になっていますが、金利上昇傾向にあるときにはお得かもしれません。

また、繰り上げ返済の手数料も変動より高い場合が多かったり、固定期間中は出来なかったりすることもありますので注意してください。

一定期間固定の特約中には金利の変更が出来ないですし、一定期間が終了すると次の変動、固定など選ぶ際には手数料が発生しますので忘れずに。

住宅ローン金利B

一軒家購入ガイド06

住宅ローン金利の3つめは「完全固定金利」と呼ばれるものです。

この完全固定金利というのは、借りるときに決めた金利が返済終了までずっと変わらないものです。

固定金利は変動や一定期間固定に比べて高い金利設定になっていることがほとんどですが、金利上昇が予想されるときはお得かもしれません。

また、ずっと返済額が変更しないので、返済計画がたてやすく、安心であるともいえるでしょう。

しかし、金利が変わらないので借りた金利よりも安い金利情勢になっても決められた返済額を変更出来ませんし、そのときの高いままの金利を払い続けなければなりません。

今現在では最長35年で完全固定金利ができるのは、フラット35を利用するしかないようです。

35年未満の短期の固定は様々な金融機関にありますが、繰り上げ返済手数料や金利は高めになっています。

金利上昇が心配でたまらないという人や安心して返済計画を立てたい人は固定が向いているかもしれませんね。

住宅ローン金利C

一軒家購入ガイド03

住宅ローンには色々なタイプのものがありますが、はっきり言って「絶対これがいい」というものはありません。

借りる人それぞれだけに家も条件もすべてが違うし、何といっても借りるときの金利が変わってきます。

そこで負担やリスクを軽くするという方法で、固定と変動をミックスして借りるということもできます。

ただ2つ3つのミックスにすると、その分の手数料がそれぞれにかかってきてしまうことがありますので、注意してください。

今は1つの金融機関でフラット35と変動や短期固定のミックスにするプランが人気のようです。

金利がどうなるのか分かればいいのですが、この先上がるのか下がるのか、一般的には上がると言われていますが、一部の専門家からはまだまだしばらくは上がらないとの声もあるようです。

住宅ローンって難しいです。

金利と上手く向き合って、自分のライフプランに合わせた住宅ローンが見つかるといいですね。

今はネットで金融機関の金利やキャンペーンなども検索できますので手軽に調べられますし、ネットだけのインターネット銀行も注目されていますよ。

>>> 金利 年1.00%〜の住宅ローン【詳細はこちら】


一軒家 購入ガイド TOPへ

一軒家 購入ガイド MENU

住宅ローンについて

新築物件と中古物件

新築一軒家の購入

一軒家購入ガイド その他