一軒家の住宅ローン | 一軒家 購入ガイド|新築・中古一軒家の物件情報

一軒家住宅ローン@

一軒家購入ガイド06

一軒家を購入する人はほとんどの人が住宅ローンを組みますよね。

住宅ローンってとっても難しいです。

ただローンを組みたいと思っても、それぞれの銀行やローン会社によって審査があり、これに通らないと組むことはできません。

勤続3年以上で年収がいくら以上であることとか、その人の支払い能力を問われます。

この基準は銀行やローン会社によって違ってくるので、よく調べて自分に合いそうなところを探せたらいいでしょう。

定職になかなかついていなかったり、アルバイトだったり、転職を繰り返していると理由を尋ねられたり、保証人をたてないといけない場合もでてきます。

一軒家購入は住宅ローンが組めないと諦めることにもなりますので、家=住宅ローンと思って金利や条件を調べてみましょう。

金利が上がったり下がったりで有利なときがきたり、また自分の会社の提携先や不動産、ハウスメーカーの提携先銀行などだと普通より有利な条件でローンが組めたりすることもよくありますよ。

>>> 金利 年1.00%〜の住宅ローン【詳細はこちら】

一軒家住宅ローンA

一軒家購入ガイド03

以前は住宅ローンというと住宅金融公庫でという人が多かったのではないでしょうか。

住宅金融公庫は公的融資で民間より収入などの面で審査に通りやすく、最長35年の固定金利というのが人気のひとつだったようです。

でもこの住宅金融公庫は平成19年3月に廃止され、住宅ローンの証券化支援事業を始めました。

これがフラット35とよばれているもので、公庫が民間金融機関の住宅ローン債権を買い取ることで、民間金融機関が長期固定の融資を実現できるようにしたものです。

フラット35の特徴としては最長35年の完全固定金利、保証料なし、繰り上げ返済手数料が無料、などがあげられます。

ただ、金融機関によって金利が異なり、手数料なども違うので色々と比較してみるといいでしょう。

同じ金融機関でフラット35と変動金利や固定金利と組み合わせて使うのもひとつの方法ですし、金利のリスクが減るかもしれません。

住宅ローンを組むときに、この先の金利が分かればどんななにいいかと思いますが、残念ながらどうすることもできません。

自分の収入をよく計算して、今後の金利上昇にも何とか対応できるようにしなければなりませんね。

>>> 金利 年1.00%〜の住宅ローン【詳細はこちら】


一軒家 購入ガイド TOPへ

一軒家 購入ガイド MENU

住宅ローンについて

新築物件と中古物件

新築一軒家の購入

一軒家購入ガイド その他