注文住宅のメリット・デメリット | 一軒家 購入ガイド|新築・中古一軒家の物件情報

注文住宅のメリット

一軒家購入ガイド01

注文住宅はやっぱりなんといっても自分の思い通りの家ができるのが最高のメリットだと思いませんか?

よく雑誌に掲載されているような自然素材を使った家ですとか、間取りにこだわって中庭があったり、将来を考えてエレベーターをつけたり、もうどんな希望にも対処してもらえるなんて嬉しいかぎりですよね。

「どうせ一生住む家なら」と注文住宅なら自分らしい世界に1つだけしかない家に出来るんです。

お城のように大理石をあしらってみたり、ログハウス風の温かみのある木材をつかってみたり、ちょっとだけ畳のスペースをもうけてみたりと想像するだけでわくわくしてきます。

それぞれの部屋の用途に合わせて棚やクローゼット、家具までも造ってみるととっても統一感のある素敵な家になるのではないでしょうか。

時間をかけてゆっくりと自分の希望を思い描くことができるのも注文住宅ならではの楽しみですよね。

家そのものが世界に1つだけのもので自分だけのものなんてとっても贅沢な感じです。

>>> 一軒家の物件情報はこちら

注文住宅のデメリット

一軒家購入ガイド05

注文住宅のデメリットといえば時間がかかることと、何度も細かな打ち合わせをしなければならないこと、最大のポイントは資金が多く必要になることではないかと思われる。

自分の希望を最大限生かしてもらえる依頼先が見つかるまでと、見つかってからの打ち合わせがとても重要なカギになるので適当にはできないし、ある程度の時間制限がある場合にはとても忙しくなることは間違いないだろう。

注文住宅にすると細かなところまで素材を選んだり、間取りを工夫したり、自分の趣味に合わせたものを使ったりと建売には出来ないことが出来る分、家についての知識がより多く必要となることも考えられます。

細かな素材や間取りなどがある程度出来たところでもまたひとつ依頼先の人と相談しながら家全体としてのまとまりをみていくことも大事になってくる。

素材や間取りを個々に見ていく分には良くても、家全体でみるとばらばらだったり、一体感がなく一般的に見ておかしな感じになってしまいかねない。

それでも個性ととらえられ依頼先が承諾すればそれでもいいのかもしれない。

また、素材などを選んでいくと思ったより費用が膨らみ、最終的に予算内の費用に抑えるために、今度はどこかを省いたり、変更しなければならなくなってくる。

そうなると注文住宅でも妥協する部分が出てきてしまい、建売と変わらない部分もでてくるのではないかとも思われる。


一軒家 購入ガイド TOPへ

一軒家 購入ガイド MENU

住宅ローンについて

新築物件と中古物件

新築一軒家の購入

一軒家購入ガイド その他