建売と注文住宅 | 一軒家 購入ガイド|新築・中古一軒家の物件情報

建売と注文住宅

一軒家購入ガイド01

マイホームを購入しようと考えだしたときに、建売と注文住宅ってどっちがいいの?なんて思うことありませんか?

イメージ的には何となく建売の方が安くて、注文住宅は高い感じしますよね。

これはケースbyケースでなかなか比べることは難しいです。

「これだ」とイメージ通りの建売住宅に出会う人もいるでしょうし、建売には自分の探しているような物件はないと言って注文住宅に切り変える方もいるでしょう。

一軒家を購入するときに、予算が十分あり、家の基礎や柱や構造からこだわりを持っているような方は建売は考えずに注文住宅で自分の思いをしっかり受け止めてもらえる会社を選ぶのがいいでしょう。

注文住宅は細かいところやかなり綿密な話しあいが必要とされるので、時間もかかるし、自分のこだわりをしっかり理解してもらえる職人さんに出会うまでも時間がかかるでしょう。

それに比べ建売はほとんどの構造や間取りまで決められている場合がほとんどなので家が出来上がるまでも早いですし、ある程度の使い勝手を予想して作られていることが多いです。

建売で注意が必要なのは、たまに売れ残っていてどんどん値下げしていく建売住宅があります。

このような場合は購入するまでに至らない何かがあったりするので、金額だけで判断しないようにしましょう。

どちらにしても自分で信頼できるハウスメーカーや職人さんに依頼することが大切です。


一軒家 購入ガイド TOPへ

一軒家 購入ガイド MENU

住宅ローンについて

新築物件と中古物件

新築一軒家の購入

一軒家購入ガイド その他