一軒家 購入ガイド|新築・中古一軒家の物件情報

いい家とは

一軒家購入ガイド01

あなたにとって「いい家」とはどんな家ですか?なかなか一言では言い表せないでしょう。

いい家は心地良く、幸せを感じる家とでも言っておきましょうか。

一軒家を探すときに是非よく考え見ていただきたいのが、家の構造と依頼先です。

不動産やハウスメーカーなどに足を運ぶとどうしても間取りや部屋の雰囲気、インテリアなど目先に見えるものが優先されがちになってきます。

でも、部屋や内装は後からでも変えられますが、家の造りそのものは変えられません。

依頼先も一度契約してしまうと、変更することはかなり難しくなってきます。

それに何といっても信頼した会社の納得したうえでの家の構造でないと、快適な家にはならないと思うのです。

沢山の家に関する本や雑誌がありますし、ネットでも色々な情報を得ることができます。

「一軒家を購入するぞ」と決めたら、手間を惜しまずに「いい家」とはどんな家なのかを自分に問いかけながら沢山の情報を手に入れてみるといいですよ。

そして自分に合った家の構造と依頼先が見つかれば本当のいい家を購入することが出来るのではないでしょうか。

>>> 一軒家の物件情報はこちら

一軒家を購入するときに

一軒家購入ガイド02

一軒家を購入するときに何を一番に考えますか?

間取りでしょうか、キッチンでしょうか、地震に強いこと?、省エネの家でしょうか。

やっぱり新築?でしょうか。

色々あると思いますが、目で見て分かるものと、見るだけでは分からないものがあります。

ここで大切なのは、目で見て分かるものはまだいいいのですが、分からないものをどう判断するかということです。

特に床下の素材や造り、壁の中身を見ても実際の住み心地や住んでからのことは、引っ越しして住み始めて年数が経ってからやっと分かるものです。

実際にその家と同じ家に住んでいる人に聞いてもいいですが、全く同じ構造、間取りの家を探すのも大変ですし、似たような家があったとしても人によって感じ方が様々です。

今はモデルハウスなどに1泊2泊体験宿泊できるハウスメーカーも増えているので、実際に泊まってみるのもいいかもしれません。

ただ、1日2日では、年数が経ったときのことまではなかなか分からないですよね。

目で見えない所がしっかり出来ててこそ住み心地のいい、いい家になるのではないでしょうか。

床下や壁のことを本やネットで調べて自分でこれぞと思う造りに出会えたらいいでしょう。

一軒家を購入するときには、目で見えるところだけにとらわれず、目で見えないところこそよく考えて時間をかけてみてくださいね。


一軒家 購入ガイド TOPへ

一軒家 購入ガイド MENU

住宅ローンについて

新築物件と中古物件

新築一軒家の購入

一軒家購入ガイド その他

リンク集